同棲・2人暮らしに必要な【家具】お金をかけるべき家具と安くてもいい家具

くらし

同棲や入籍を機に始める2人暮らし。準備が大変ですよね。特に家具・家電!お金はかかるし、めちゃくちゃ大事なものだし、買うのも大変だし…。そんな大変な思いをしている人に向けて、必要なものをまとめます。この記事は同棲・2人暮らしに必要な【家具】の記事です!

同時に、私個人がお金をかけるべきと思う家具と、お金をかけず安いものでもいいと思う家具もご紹介。少しでも同棲・2人暮らしの準備費用を抑えたい方の参考になればと思います。

新生活はお金がかかる…!

同棲や2人暮らしに限らず、新生活はびっくりするくらいお金がかかります。家の契約にかかるお金、引っ越し費用、家具・家電、その他雑貨、生活するための日用品などなど…。だからこそ、買い物に失敗して大切なお金を無駄にしないように!下調べをしっかりして、計画的に進めていきましょう。

kinako
kinako

家具は大きい買い物。そして失敗のダメージが大きい!慎重に

同棲・2人暮らしに必要な家具と費用まとめ

まずは、同棲・2人暮らしに必要な家具と、その購入にかかるおおよその費用をまとめます。今回は「とりあえず、これだけあれば大丈夫な家具」と「様子をみて買いそろえたい家具」に分けてみました。

●とりあえず、これだけあれば大丈夫な家具
→生活するために、すぐに必要になる。入居前に準備しておく家具
●様子をみて買いそろえたい家具
→入居時すぐには必要ないが、当分は今持っているものでもなんとかなる家具
 生活する中でどんなものがいいか見極めて買った方がいい家具

ちなみに費用は、Amazonで商品を検索して、私が「これなら使っていいな」と思ったものの値段を参考にしています。どちらかというと安いものから選んでいますので、参考程度に。

kinako
kinako

「無駄買いしない」「あるものはできるだけ使う」を基本とした、節約志向強めのまとめになってます!

とりあえず、これだけあれば大丈夫な家具

テーブル・椅子:7000円~

食事をするためのテーブルと椅子のこと。ないと床や段ボールで食事することになります。2人用のテーブルセットなら、費用10000円前後で用意できますよ。床に座って食事をするスタイルなら、椅子が不要で搬入が楽!こたつ机を買っておけば、冬もそのまま使えます。

kinako
kinako

我が家は床に座って食事するスタイル!こたつ机でも不便ではないよ

ただし、新婚さんの2人暮らしの場合は、お客さんが来たり子どもが生まれたりしたときのことを考え、4人掛け以上のダイニングテーブル・椅子の購入も検討ましょう。後から必要と感じて買い替えるくらいなら、最初にそろえておいた方が楽だと思います。

kinako
kinako

もちろん、無理してそろえる必要はなし。折りたたみ式のバタフライテーブルなら、必要に応じてテーブルの広さを変えられるよ。

ベッド・寝具:30000円~

ベッドや寝具は、同棲・2人暮らしを機に買い替えるのがおすすめ。寝る環境が変わると、新生活始まった感が出ていいですよ。ベッドと寝具セット(まくら・マットレス・敷き布団・掛け布団・シーツなど)の費用は、30000円くらいから。ベッド本体よりも寝具、特にマットレスにお金をかけた方が、効率のいい買い物になります。

kinako
kinako

お金が厳しいなら、しばらくはベッドなしでもいいかも。寝具も各々持ち寄れば、買わなくても困ることはありません。毎日布団を畳むのは大変だけど、部屋も広く使えるから、悪くはない選択!

ソファ・座椅子:15000円~

ソファは搬入が大変なので、ものが少ないうちに買って設置しておいた方がいいです。ゆったり座りたいなら3人掛けが理想。部屋が狭いなら、ちょっといい座椅子でも意外と不便じゃないですよ。

kinako
kinako

個人的に、ビーズソファ(クッション)はおすすめしません。すぐヘタれるし、ビーズの詰め替えも大変…。座椅子の方がいい!

テレビボード:6000円~

テレビボードも早めに準備しておきたい家具。ただし、持っていてテレビのサイズに合っているなら、急いで買う必要はありません。費用は6000円~としていますが、カラーボックスを横に並べてテレビボード代わりにすれば、もっと安く済みます。収納面でも便利です。

kinako
kinako

テレビボードは収納の役割もあるから、できるだけ機能的なものを選びたい!

カーテン:2000円~

意外と忘れがちなのが、カーテン!賃貸では付いてないところが多いので、買い忘れてしまったら、外から丸見えの状態で生活する羽目になります。入居前、お部屋のスペースのサイズを測りに行くとき、窓の大きさの確認を忘れずに。

kinako
kinako

カーテンは部屋の印象を大きく左右するから、色に気を付けて。部屋のイメージが固まってないときは、壁の色に近いものを選んでおくと安心!

物干し竿:2000円~

洗濯物を干すために、物干し竿も必要です。急いで買わなくてもコインランドリーで解決しそうですが、2人分の洗濯物を持って行く手間とお金を考えると、できるだけ早く買っておいた方がいいでしょう。洗濯物の量も増えるので、2本組を買っておくと安心です。

kinako
kinako

物干し竿は、長さだけ確認しておけば、失敗することはまずない!室内用物干しも意外と安いから、部屋干し派も早めに買っておこう。

様子をみて買いそろえたい家具

キッチンラック・食器棚:20000円~

収納系は、スペースや収納物の量、使いやすさ、今後どのように増えるかを考えていかないといけないので、慎重に選ぶ必要があります。食器や調理器具などは、まず、既存の収納スペースを利用することを第一に。賃貸なら、シンクの上下に収納があるタイプが多いので、上手に活用していきましょう。

kinako
kinako

食器や調理器具の収納は、便利グッズがたくさんあるから、上手く利用したいね!100均にもいろいろあるよ

電子レンジなどを置くスペースがないときは、サイズを見てラックや棚を購入しましょう。既存の収納の使い勝手が悪ければ、収納付きのレンジ台を買ってダブルで解決!レンジ台付きの食器棚であれば、費用は20000円くらいから。使いやすさと節約を両立するためには、とにかく焦って買わないことが大事です。

ランドリーラック:4000円~

急いで買う必要性は低いですが、あると確実に便利なランドリーラック。1人暮らしで使っていたものがあれば、そのまま使ってもOKです。ラックを機能的にするため、かごやバスケットもあると便利ですが、節約志向でいくなら、無理して買う必要はありません。

kinako
kinako

ランドリーラックは本当に便利!洗剤など結構重いものを置くので、耐荷重に注意して選ぼう!

衣類収納・ハンガーラック:4000円~

衣類収納も、食器などと同様に、まずは既存の収納を上手に活用することを考えましょう。賃貸であれば、押入れやクローゼットがあるところが多いので、そこに入りきらない分を購入するイメージです。衣類が少なく既存の収納が充実していれば、費用5000円以下でも必要なものを揃えられます。

kinako
kinako

シーズンオフの衣類を収納する袋やケースも合わせて用意できるといいね

玄関収納・トイレ収納:各3000円~

玄関やトイレの収納は、必要であれば買うくらいのスタンスでOK!無理に買う必要はありません。既存の収納が極端に少ない場合は別ですが、突っ張り棒と板で作った棚で解決することもあるので、生活し始めてから考えていきましょう。

kinako
kinako

我が家は突っ張り棒+ワイヤーネットで作った棚を使ってるよ。全部100均!コスパ最高!

【独断と偏見】同棲・2人暮らしでお金をかけるべき家具

節約も大事ですが、必要な部分にお金をかけることも大切です。同棲や2人暮らしを始めるときは、何にお金をかけるべきなのか、私なりに考えてみました。

寝具(マットレス)にはこだわるべき!

睡眠は1日の疲れを取る時間。寝具が低クオリティなのはよくありません。高いものを買うべきとは思いませんが、しっかりこだわって、費用よりも質重視で選びましょう。特に、マットレス!ベッドフレームや掛け布団、シーツ、まくらカバーは安いものでもなんとかなります。その分マットレスにお金をかけて、睡眠の質向上を目指しましょう。

同棲・2人暮らしにはシングルベッド2台がおすすめ

カップルや新婚さんなら同じベッドを使うイメージもありますが、個人的にはシングルベッドを2台並べるのがおすすめです。あくまで私の経験則ですが、やっぱり寝るときは各々の方がぐっすり眠れる気がする!寝返りも不自由なくできるし、寒い夜布団を取り合うこともない!

kinako
kinako

ホテルでツインの部屋に泊まったとき、快適すぎてびっくりした。次引っ越したらシングル2台に買い替える予定!

ちなみに、フレームのないベッドフレームを選べば、マットレスの境目が気になるかもしれないけど、くっついて寝ることはできますよ。1つ欠点があるとすれば、結構場所を取ることですかね…。

収納家具は少し高くてもチェーン店の定番品を

収納家具や収納に用いる雑貨などは、少し高くても、ニトリや無印良品などチェーン店の定番品を買うことをおすすめします。定番品のいいところは、廃盤になりにくく、組み合わせできるものが多いところ。必要になったとき買い足しやすく、長く使い続けることができます。チェーン店なら全国どこにでもあるから、引っ越しても安心なんです。

kinako
kinako

100均も安くて便利だけど、廃盤やリニューアルがちょっと怖い。細かいデザインにこだわらないなら、100均もおすすめ!

【節約したい人向け】安くてもなんとかなる家具

次は、お金をかけなくてもいいと思うものを考えてみました。私にとっては安くてもいいなと思える家具ですが、こだわりは人それぞれ。あくまでも個人の考えなので、強いこだわりがある人は、しっかりお金をかけるべきです!

ソファは安くてもいい!

賛否両論ありそうですが!私がソファにお金をかけなくてもいいと思う理由は、①時間が経てばクッション性が弱まるから②汚れやすいから③そのうち雰囲気を変えたくなるからの3つです。もちろんいいものは、クッションも長持ちするだろうし、汚れても掃除や洗濯がしやすいのかもしれませんが…。超高級品じゃない限り、そんなに変わらないのでは…?と思っています。

kinako
kinako

違いが分かるほど大人でもないし…。若いうちは、安くてそれなりにおしゃれなやつで十分かな

同棲カップルなら、テーブルと椅子は使えればいい!

入居時から必要な家具として挙げたテーブルと椅子も、使えればOKだと思っています。特に同棲を始めるカップルなら、大きいものやちょっといいものは、入籍したり子どもができたりしてからでも遅くはない!2人の時間を楽しむカップルには、安くておしゃれなもので十分です。

kinako
kinako

家に友達を呼ぶのが好きなら、こだわって選んでもいいね!

カーテンは安いものの方が扱いやすい

カーテンは、断然安いものがおすすめ!洗濯機で洗えるものがいいですね。高いものは、自分で洗濯できないものも多いので、気にせずゴシゴシ洗える安いものの方が、個人的には扱いやすいです。

kinako
kinako

カーテン洗うの面倒くさいっていうズボラさんも、安いものなら気軽に処分・買い替えできるよ!クリーニングの手間・費用と、買い替え・交換の手間・費用を比較して、自分に合っている方を選ぼう!

まとめ

以上で同棲・2人暮らしに必要な家具の紹介はおしまいです。お金をかけるべきところにはしっかりお金を使って、節約できるところは無理のない範囲で節約して、楽しく同棲・2人暮らしを始めましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました