洗面台のゴミ受けをダイソーの目隠し洗面ゴミガードに交換しました

くらし

賃貸の我が家。もとからある洗面台のゴミ受けが使いづらく、他のものに交換したいなと思っていました。そんな時、ダイソーで使えそうなものを発見!早速使ってみたので、使い心地とか感想とか書いていこうと思います。

ダイソーの目隠し洗面ゴミガードについて

ダイソーのゴミガード

こちらが今回購入した商品。ダイソーの「水の流れの良い ゴミを見せない 目隠し洗面ゴミガード」です。

水の流れの良い ゴミを見せない 目隠し洗面ゴミガード|ダイソー

価格:100円+税(3個入り)

横から見るとこんな感じ。排水口にかぶせるだけのゴミ受けに、目隠しの蓋が付いています。素材はポリプロピレン。

kinako
kinako

3個入りだったので、洗いながら交換して使えそう!と思って買ってみました。

買う時「これ、目隠し部分、外れるのかな…」と不安だったんですが、帰ってから引っ張ってみたら普通に外れました。ここが外れないと、さすがに使いづらい!

ぱっと見、蓋が外れるか分からないので、ダイソーさんは「蓋が取れて洗いやすい!」って書いた方がいいと思います!笑

台紙裏の説明書きによると、ポップアップ式洗面台で止水栓が取り外せないタイプは取り付け不可だそうです。

ポップアップ式洗面台とは、レバーやボタンで栓を開閉するタイプの洗面台。洗面台で水を溜める時、専用の栓をはめているご家庭では、サイズが合えば使えそうです。

ダイソー「目隠し洗面ゴミガード」のサイズ

ゴミ受け部分のサイズは、直径32mm、高さ16mm。蓋部分まで合わせると高さが32mmになります。カバー(蓋)部分は直径56mm。

排水口の大きさは、35~45mmくらいが一般的らしいです。私は、測らずに購入しましたが、普通に使えました。

ダイソーの洗面台ゴミガードの使い心地

購入して約2週間。使い心地や使ってみた感想をまとめてみました。

ゴミ受けの目隠しとしては大満足!流れも問題なし

まず、こちらがダイソーのゴミガードに交換前の我が家の洗面台。

賃貸のお部屋に最初からついていた洗面台です。比較的新しいモデルだったので、劣化などはありませんが、ゴミ受けのグレーが目立つのと、ゴミが丸見えなのが気になっていました。

ダイソーの目隠し洗面ゴミガードに交換したら、こんな感じ!(写真、やや赤くなっています)ゴミが目立たなくなり、白でまとまってスッキリしました。嬉しい!

水の流れも、特に気になりません。きちんと流れます。ゴミ受け部分が全体的にメッシュ構造になっているから、ゴミが少し溜まったくらいで水が流れにくくなる、なんてことはありませんでした。

サイズが合ってない?水流でズレることがある

気になる点は、水流でズレること。写真で見ると、しっかりはまっているように見えるんですが、、、

もともとのゴミ受けは、もう少し下の位置でぴったりはまっています。形も、排水口まわりのくぼみに沿うようになっているので、ズレることがないんです。

ダイソーの目隠し洗面ゴミガードは、くぼみに上からのせるような形ではまっているので、水流が偏ると簡単にズレてしまいます・・・。

kinako
kinako

排水口のまわりが比較的フラットな洗面台ならズレないのかなー?

どんな洗面台でも使えるようにするためなんで、仕方ないですが、やっぱり専用のゴミ受けには敵わないなーという感じです。

水が流れる音が大きくなった

もうひとつ気になる点は、水の流れが大きくなったこと。水を流す度に、ジョボジョボジョボーと排水溝に流れ込む音が聞こえるようになりました。

もともとのゴミ受けは、裏側に細長い棒のようなものが付いていました。(写真は逆さまにして撮っています)今までは、この棒が音を軽減してくれていたのかな?

水流でズレる問題と同じように、やっぱり専用のものには敵わないなと感じました。

ゴミ受け部分の掃除は綿棒がおすすめ

洗う時、はじめは歯ブラシを使っていましたが、奥まで届かない・・・。歯ブラシを立てても届きませんでした。何度か掃除して、今は綿棒で掃除しています。

綿棒ならストレスなく掃除できます。詰まったゴミも楽に取れます。

結論:ダイソーの洗面ゴミガードも悪くない

ダイソーの目隠し洗面ゴミガードは、洗面台にもとからついているものと比べると、やや使いづらいところもあります。が、①ゴミが見えにくくなること②見た目がシンプルなことを考えると、悪くはないかな!という感じです。

しばらくは、今回買った3つをローテーションしながら使っていきたいと思います。

おしまい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました