生理中の温泉旅行の楽しみ方~私はこうやって楽しんだ

雑記

楽しみにしていた温泉旅行に、生理がかぶってしまった!お気持ちお察しします。荷物も増える、体調もすぐれない、温泉も楽しめない。せっかくの温泉旅行が台無し!と悲しい気持ちになりますよね。

ここでは私の実体験をもとに、なんとか生理中の温泉旅行を楽しむ方法はないのか考えてみました。温泉旅行に生理がかぶりそう、かぶってしまった方の参考になれば幸いです!

最悪!温泉旅行に生理がかぶった

これを書いている私も、温泉旅行に生理がかぶった運の悪い女です。生理になったのは温泉旅行の前日で、1泊2日しかない温泉旅行に生理2日目がかぶるという、最悪な体験をしました。今回はその体験をもとに、生理中の温泉旅行の楽しみ方や入浴に関するあれこれについて考えていきます。

温泉は潔くあきらめる

生理中の温泉入浴に関しては、以下のような意見があります。

  • 不衛生だから、絶対入ってはいけない
  • タンポン使ったら、大丈夫
  • 出血が少ない、生理後半なら入ってもいい
  • 湯船に浸からずシャワーだけならOK

結論から言うと、私は潔くあきらめました。理由は、①温泉に入っている時、生理のことを気にするのが嫌だったから②周りのお客さんや宿・温泉施設の人に迷惑をかけたくなかったからです。

せっかくリラックスできる温泉なのに、生理のことを気にして楽しめないのは本末転倒。ましてや他の方に迷惑をかけてしまうことになれば、嫌な思い出になってしまいます。せっかくの旅行中考えている時間ももったいない気がして、おとなしくあきらめることにしました。

もちろん、状況や考え方は人それぞれですから、この判断が絶対とは言えません。でも、こうして検索してこのブログにたどり付いている方の多くは、生理中に温泉に入ることに、抵抗や不安、迷いがあるのではないでしょうか。だったら、変な後悔や罪悪感を残さないためにも、あきらめた方がいいと思います。

温泉旅行を楽しむために!お風呂問題から解決しよう

温泉をあきらめる決心ができたら、この温泉旅行を楽しむために、まず「お風呂をどうするか」という問題を解決しておきましょう。具体的な解決策は、私が思うに3つあります。

解決策1:部屋風呂に入る

一番楽な方法は、部屋風呂を利用することです。露天風呂付きのいい客室でない限り、温泉に来た感はなくなりますが、生理を気にすることなく、安心してお風呂に入ることができます。

もし今が温泉旅行前で、部屋風呂がない部屋を予約していたら、今すぐ宿に電話して部屋風呂付きのお部屋に変更できないか相談してみましょう。思い切って宿ごと変更するのもなしではないです。値段はアップすると思いますが、ゆっくりお風呂に入るやすらぎと安心感には代えられません!

お部屋のグレードアップは金銭的に無理!という場合は、次のプランを考えてみてください。

解決策2:貸切風呂という選択肢

貸切風呂を使えば、いろいろな悩みは割と全部解決します。周りの目を気にすることなく、温泉旅行の雰囲気も楽しめる!最高のプランです。宿によっては先着順で予約できたり、数千円のプラスで利用できたりするところもあるので、部屋をグレードアップするよりは安く済むことも多いです。

ただし、大浴場と同じように貸切風呂も、他の人が利用することに変わりありません。衛生面への不安や出血の心配がなくなるわけではないので、他の方への配慮は必要になるでしょう。

解決策3:お風呂に入らない

部屋風呂がない、貸切風呂も使えない。こうなったら、お風呂に入らないというのも、ひとつの選択肢です。生理中なので、特に清潔にしておきたいところですが、仕方ありません。

お風呂に入らない場合は、ウォシュレットのビデ機能を使って洗ったり、汗拭きシートやデリケートゾーン用シートで拭いたりすれば、少しは気持ちが落ち着くかもしれません。ドライシャンプーも便利です。コンビニやドラッグストアで買えるので、困った時は調べてみてください。

できるか微妙なその他の解決策

上記の3つの方法以外にも、いくつか解決策を考えてみました。実現できるかは微妙ですが、どうしてもお風呂に入りたい場合は、以下の方法が役に立つかもしれません。

  • 近くのネットカフェやマンガ喫茶を探す
  • 一時利用できる貸切風呂がないか探す

ネットカフェやマンガ喫茶があれば便利ですが、温泉地の近くにはあんまりないかもしれません。一時利用できる貸切風呂なら、まだチャンスはあると思います。

生理でも大満足!温泉以外の楽しみ方~草津温泉を例に

ここからは、生理中でも楽しめる、温泉以外の遊び方・楽しみ方を紹介していきます。今回は、私が行った群馬県の草津温泉を例に紹介していきます。

足湯なら生理中でも楽しめる!

温泉に入ることをあきらめた私は、とにかく足湯に入りまくりました。温泉地なら必ずといっていいほど足湯があると思うので、生理がかぶっちゃった人は、まず足湯スポットを検索しましょう!

草津温泉には、無料で入れる足湯スポットがたくさん!

草津温泉には無料の足湯スポットがいくつかあったので、生理中でしたが温泉のお湯を楽しむことができました。足湯に入って散策して足湯を見つけて入って…の繰り返しでしたが、結構楽しめました。

温泉 | 湯Love草津(草津温泉観光協会ホームページ)
天下の名湯「草津温泉」の公式ホームページです。草津温泉の効能や施設をご覧になれます。

観光スポットを楽しむ

観光スポット巡りなら、生理中でも大きな影響はありません。無理のない範囲で楽しんでください。

生理中の私が行った草津温泉の観光スポット

草津温泉の中心・湯畑

草津温泉と言えば、やっぱり湯畑!

離れていても、硫黄の臭いがしました。

夜はライトアップもありました。生理中で温泉に入れない分、夜までしっかり観光を楽しみました。

■湯もみショー

もののけ姫で見たやつ!!!2階から見物しました。硫黄の臭いと暑さがスゴかったです。

■西の河原通り

お店エリアはかわいいポストもありました。ほどよい散歩は体もあたたまって、生理中の体調も良くなりそう!(私の場合です。しんどい時は無理しない。)

浴衣で散策

温泉地には、浴衣をレンタルしている旅館やお店もあります。私が草津温泉で泊まった旅館にも、浴衣レンタルサービスがありました。私自身は利用しませんでしたが、何か気分が上がることをしたい!という方は、ぜひ利用してみてください。

温泉地ならではの食事を楽しむ

食事も旅行の楽しみのひとつですね。温泉地には、 温泉饅頭・温泉たまご・温泉サイダーなど、温泉地ならではのグルメがいっぱいあります。その地域の名産品を楽しむのもいいですね。

ちなみに私は、旅館の部屋食を楽しみました。ちょっと高かったけど、地元の食材をいっぱい楽しめたし、温泉饅頭も食べれたし、何より豪華で大満足でした。

生理で温泉を我慢した自分にご褒美を買う

生理がかぶって温泉を存分に楽しめない分、自分へのお土産は奮発していいと思います!!

食べ物や雑貨のお土産もいいですが、やっぱり入浴剤や化粧水、パック、石けんなど、温泉にまつわるお土産がおすすめです。私は、パックと入浴剤と石けんと保湿クリームを買いました。

キナコ
キナコ

自宅にて、温泉旅行を取り戻す!!!

今回の旅の教訓~生理中の温泉旅行のすすめ

  • お風呂付の部屋もしくは貸切風呂のある宿を予約する
  • お風呂に入らない可能性も考えて準備する
  • 足湯スポットはマストで調べる
  • 行きたい観光スポットや食べたい名物などを入念に調べておく
  • 温泉を我慢した自分にご褒美を!

まとめ

こんな感じで私は、生理中でもそれなりに温泉旅行を楽しむことができました。もちろん温泉には入りたかったけど、また来ればいいか!という気持ちで帰ることができました。

キナコ
キナコ

次こそ温泉に入るために、いつの日か草津温泉リベンジ旅に行きたいと思います!

生理中の温泉旅行を楽しむ方法はゼロではないので、生理がかぶってしまった方も、どうか前向きにいろいろなプランを考えてみてください。楽しい旅になりますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました