同棲生活の光熱費・水道代を公開!1年間でこれだけかかりました。

くらし

同棲を始めると、毎月どれくらいお金がかかるか気になりますよね。特に気になるのが、毎月支払わなければならない光熱費と水道代!同棲前だと、どれくらいかかるのか、全く見当が付きません。
そこで今回は、私たち同棲中のカップルの1年間の光熱費と水道代を大公開!政府のデータから、光熱費や水道代の平均も調べてみました。同棲を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

ズバリ!1年間の同棲生活の光熱費の平均は月11,911円

もったいぶっても仕方ないので、最初に1年間にかかった光熱費を公開します!

  • 電気代:月平均3,928円(年間47,138円)
  • ガス代:月平均5,304円(年間63,643円)
  • 水道代:月平均2,679円(年間32,148円)
  • 光熱費の合計:月平均11,911円(年間142,929円)

月ごとの詳細が気になる方は、以下の表やグラフを確認してみてください。

1年間の光熱費と水道代のグラフ
電気代・ガス代の推移に注目!

冷暖房の使用が増える、真夏・真冬は電気代が高くなっています。ガス代は、お湯の使用が増える秋から冬にかけて高くなりがち。水道代は年間を通して大きな変化はありませんね。
これから同棲する人は、ぜひ、月ごとの推移も注目して見てみてください。

みんなはどうなの?同棲・二人暮らしの光熱費の平均

私のデータだけ見ても仕方がないので、世間の平均を調べてみました。総務省統計局の家計調査によると、二人暮らし(二人世帯)の2018年の1か月の光熱費・電気代の平均は以下の通りです。

  • 電気代:9,559円
  • ガス代:4,364円
  • その他光熱:1,517円
  • 上下水道料:4,167円
  • 光熱費・水道代(合計):19,607円

参考:家計調査 / 家計収支編 二人以上の世帯 詳細結果表

この1年間、節電・節水・節ガスをほとんど意識していませんでしたが、合計額は平均より安く抑えることができました。

平均と比べて【ガス代が高く】【電気代が安い】理由

私たちの1年間の光熱費と平均とを比べてみると、ガス代が高いのが気になりますね。これには、ひとつ心当たりがあります。私たちが住んでいる物件はプロパンガス。一般的に、プロパンガスは都市ガスよりも値段が高くなると言われているので、この影響かなと考えています。

電気代が安くなっているのは、家が狭いからでしょう。暖房や冷房が一瞬で効くので、ほぼエコ設定(暖房は20度、冷房は28度)で運転していることが多いです。その結果、平均より安く抑えられているんだと思います。
(水道代は…特に理由が思い浮かばないので、分析放棄!)

一人暮らしの光熱費と比べてみた

ついでに、私が1人暮らしをしていたときの光熱費とも比較してみました。
節約や貯金目的で同棲を始めたいと思っている人も多いでしょう。一人暮らしよりも二人暮らしの方がお得になっていたら、同棲するメリットになりますよね!

  • 電気代:2,553円(年間30,632円)
  • ガス代:3,843円(年間46,120円)
  • 光熱費の合計:6,396円(年間76,752円)

こちらが、大学生のころ1人暮らししていたときの光熱費です。※この頃住んでいた家は、家賃に水道代が含まれている物件だったので、電気代とガス代のみを比べます。利用する電気・ガス会社が変わったので、基本料金は異なります。

一人暮らしの頃と比べると、同棲してからの光熱費は、電気代が約1.5倍、ガス代が約1.3倍、1年間の光熱費が約1.4倍に増えています。
ただ、1人あたりの光熱費を計算すると、同棲してからの方が安くなっています。人数は2倍になったのに、料金は2倍になっていないのを見ると、「同棲は光熱費を節約できる」というのが本当だということが分かりますね。

まとめ

同棲は「暮らしを共にする」ということ。お金の管理はとても重要です。これから同棲を考えている人は、二人暮らし光熱費・水道代の平均や、私たちの1年間の光熱費・水道代を参考に、月々のお金の計画を立ててみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました