【2DKで同棲】2人に合った部屋の使い方やレイアウト5例

くらし

同棲には「2DK」の間取りがおすすめだと言われていますが、実際に見てみないと分からないですよね。
そこで今回は、「2DK」の間取りの使い方を、同棲カップル目線で考えてみました。

2DKとはこんな間取り

2DKとは「ダイニング・キッチン」と「部屋が2つ」ある間取りです。

よく比較される1LDKは「リビング・ダイニング・キッチン」と「部屋が1つ」の計2部屋という間取り。
間違われやすい2LDKは「リビング・ダイニング・キッチン」と「部屋が2つ」の計3部屋という間取りです。

2DKは1LDKよりも部屋数が多いところがポイント。2LDKよりもキッチンのあるスペースがやや狭くなります。(6帖以上~がDK、10帖以上~がLDKと区別されます。)

2DKで同棲するメリット

家賃が安い

まずは、家賃が安いこと。最近はLDKの間取りが人気なので、DK間取りは比較的安い家賃で借りることができます。中には掘り出し物と言われるようなレアな物件もあるので、コスパのいい物件に出会える可能性もあります。

部屋の数が多い

2DKは1LDKよりも部屋の数が多く、広さが自慢の2LDKとも部屋の数は同じです。
部屋の数が多ければ、空間の使い方も自由自在。自分たちの生活スタイルに合わせて、好きなように部屋を作ることができます。

2DKで同棲するデメリット

古い物件が多い

家賃が安くなる理由のひとつに、築年数の古さがあげられます。比較的新しい物件は、ほとんどがLDK。DKの間取りで新しい物件を探そうと思うと、やや難易度が高くなります。

ひとつひとつの部屋が狭い

2DKの間取りは、どうしてもひとつひとつの部屋が狭くなりがち。扉や壁で仕切られているので、実際の広さよりも狭く感じることもあるようです。

2DKの間取りの使い方5案!2人に合ったレイアウトは?

ここからは、私が考えた2DKの部屋の使い方をご紹介していきます。実際に賃貸検索で見つけた2DKの間取りの物件を参考にしながら考えてみました。

プライベート重視スタイル

2部屋をそれぞれの部屋として使うレイアウト。同棲してもひとりひとりの空間を確保できるところが特徴です。全ての部屋に窓がある2DKのお部屋だと、より快適に過ごせそうですね。共有スペースであるDK空間は、2人で楽しく過ごせるように工夫したいですね!

こんな2人にオススメ!

・生活の時間帯が異なる
・インテリアの好みが違う
・それぞれの趣味がある

スッキリ整理整頓スタイル

一方の部屋を寝室、もう一方の部屋を収納に使うレイアウト。2人分の荷物は、意外と多くて収納に困ります。狭い方の部屋を収納部屋として使えば、他の空間もスッキリ。扇風機や冬物布団、こたつなど季節ものの収納にも困りません。家事に必要なものもここに収納しておけば、生活感をなくすこともできます。

こんな2人にオススメ!

・服が多い
・生活感をなくしたい
・同棲前に荷物の整理ができなかった

のんびりリラックススタイル

一方の部屋を寝室、もう一方の部屋をリビングとして使うレイアウト。DK部分の広さ次第では、ダイニングテーブルしか置けないこともある2DK。これなら少し大きめのソファを置いてのんびりくつろぐことができます。扉や壁を外せる物件なら、思い切って1LDKに変えてみてもいいかも。

こんな2人にオススメ!

・ゆっくりくつろぎたい
・2人の時間を大事にしたい
・インテリアにこだわりたい

集中できるワークスタイル

一方の部屋を寝室、もう一方の部屋を書斎や作業部屋として使うレイアウト。リラックスする空間と作業する空間を区切ることで、集中して作業することができます。これなら、作業が終わるのを待っている相手も、気兼ねなく好きなことをして楽しめますね。

こんな2人にオススメ!

・自宅に仕事を持ち帰ることがある
・在宅ワーカー
・読書好き

好きなことを楽しむスタイル

共通の趣味がるのなら、一方の部屋を趣味の部屋にするのもいいかも!好きなマンガとソファを置いてみたり、オーディオ機器を置いてみたり、映画鑑賞の空間にしてみたり、トレーニング部屋にしてみたり…。十分なスペースが確保できれば、楽しみ方も広がりそうです。

こんな2人にオススメ!

・共通の趣味がある
・趣味関連のものが多い
・自宅でデート気分を味わいたい

まとめ

このように、2DKの間取りは、いろいろな使い方ができます。まさに同棲にぴったり!これから同棲を始める人は、ぜひ参考にしてみてください。
素敵なお部屋で楽しい同棲生活ができますようにー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました